入笠湿原・エゾリンドウの群生
(8月下旬〜9月中旬)

初秋の湿原を代表する花の一つ。茎の高さは30〜80センチ。
八ヶ岳連峰を望む富士見パノラマゴンドラリフト山頂駅一帯の入笠湿原には、
4000株を越えるエゾリンドウが群生、鮮やかな青紫色の花を咲かせます。
よく似たエゾリンドウとオヤマリンドウの違いは、エゾリンドウの花は茎の先端と葉腋に数段つくが、
オヤマリンドウの花は茎の先端のみである。

開花期 8月下旬〜9月中旬
場 所 長野県諏訪郡富士見町入笠湿原 詳細マップはこちら
交 通

車:中央自動車道諏訪南ICから約7分富士見パノラマリゾート。(ゴンドラ乗り換え10分)

駐車場 有り
問合せ 富士見役場産業課 TEL 0266-62-9342
開花情報 http://www.town.fujimi.lg.jp/kanko/nyukasa.html(公式サイト)

たびネット信州エリアガイドヘ

このエリアの山の花ガイドへ



たびネット信州 www.tabinet-jp.com ©Nagano Tectron Co.,Ltd All Rights Reserved.